商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.5.10(木)

オーエスジー
タップ、ドリル、エンドミルなどの製品価格を改定

オーエスジー(社長石川則男氏)は6月1日受注分より、タップ、ドリル、エンドミルなどの製品価格を改定すると発表した。

これは超硬製品の主原料であるタングステンが世界的な需要の高まりで原材料の高騰が続いていることに加え、ハイス製品の原材料として使用されるコバルトは、EV市場の成長を見込み電池材料としての需要が急拡大し、原料価格が高騰してきているため。同社では製造コスト削減、生産性向上などの改善策で対応してきたが、原材料費の高騰による影響は大きく、また副資材・物流などの経費も上昇し、製品の安定供給とサービス維持・向上を図るため、今回の価格改定を行うもの。

対象商品は、ハイスタップは5〜10%、超硬タップ、ハイスドリル、超硬エンドミル、超硬ドリル、インデキサブルツールは10%、ハイスエンドミルは15%、それぞれ値上げとなる。これら以外の特殊品も都度見積りする。

また転造工具も、工具鋼の高騰、並びに副資材・物流の高騰のため10%値上げする。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。