商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2018.5.23(水)

パナソニック
病院、学校の非常灯に業界初のLEDダウンライト 7月1日に発売

パナソニックは、常用・非常用の2種類のLEDを光源とする業界初の電池内蔵型「LEDダウンライト非常用照明器具」計80品番を7月1日に発売する。非常用照明の設置が義務付けられている病院、学校、店舗に設置されている蛍光灯からのリニューアルに最適。希望小売価格は7万5000円〜9万3000円(税抜)。

従来、建築基準法では、非常用光源は「白熱灯」と「蛍光灯」に限られていたが、17年6月の改正で「LED」が追加された。

常時は一般的なダウンライトと同様の明るさ・配光・色温度で点灯し、非常時には非常用LED(5000K)が広範囲を照射する。従来の蛍光灯タイプと比較し、約70%節電できるという。さらに、ランプ交換が不要で、リモコン自己点検機能など利便性も向上。蛍光灯タイプと同様、階段通路誘導灯としても使用できる。

明るさは、250形/200形/150形/100形/60形の5タイプ。一般のダウンライトと組み合わせて使用できるように、反射板はホワイトとシルバーメタリックの2タイプを用意している。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。