商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2018.6.5(火)

キャタピラージャパン
新エンジン搭載のホイールローダ発売

キャタピラージャパン合同会社は、除雪、畜産、廃棄物処理、道路工事など幅広い現場で活躍するホイールローダ2機種をフルモデルチェンジし、このほど発売した。標準販売価格は「Cat 910M ホイールローダ」が1290万円、 「Cat 914M ホイールローダ」が1708万円。オフロード法2014年基準適合、国土交通省低騒音型建設機械指定品。

新製品には、オフロード法2014年基準に適合する低回転・高トルク型「Cat C4.4エンジン」を新たに搭載。現行モデルから排気量、トルクライズのアップにより、優れた動力性能と高い作業効率を発揮する。

また、ディーゼル酸化触媒(DOC)、尿素SCR(選択式触媒還元)システムを搭載し、排ガス中のNOxを削減。ディーゼルパーティキュレート フィルタ(DPF)を装着しないシステムのため、DPFの再生・メンテナンスが不要となる。さらに、燃料消費と騒音を低減するデマンドファンを標準装備。約5%の燃料消費を抑えることができるというECOモードも搭載している。

このほか、生産性を向上する大きな開口と弓型サイドバーが特徴的なパフォーマンスシリーズバケットや、タイヤスリップが発生する軟弱地等で優れた走破性を発揮するディファレンシャルロックなども標準装備している。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。