商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.6.8(金)

埼玉県管工機材商組合
5日、総会・講演会・懇親会開催。埼玉県管工事業協同組合連合会との災害協定覚書締結を報告

総会の理事長松本充弘氏
総会
埼玉県管工機材商組合(理事長松本充弘氏)は6月5日、さいたま市のラフレさいたまで第28回通常総会・講演会・懇親会を開催した。

はじめに松本理事長が挨拶。議事では平成29年度事業・会計報告を行い、30年度の事業計画・予算などを決定。埼玉県管工事業協同組合連合会との災害協定覚書締結が報告された。引き続き、鳥塚亮氏による『いすみ鉄道の生き残り経営戦略』と題した講演会が行われた。

このあとの懇親会で松本理事長は我々を取り巻く環境についてふれた後「我々商社も流通の一端を担って、メーカーさん共々、共存共栄の途を模索していかなければならない。埼玉県管工事業協同組合連合会さんと災害協定の締結に伴い、協力体制を皆さんとともに築いていきたい」と挨拶。賛助会員を代表して積水化学工業ライフラインカンパニー東日本支社設備営業部の吉川弘樹部長が今年はじめからの景況を振り返り、取組みを示した。さらに、住宅メーカーの動向についてふれ、「我々賛助会員も埼玉県管工機材商組合さんと一緒になってこの変化を乗り切っていって、お互いに成長していきたい」と述べた。全国管工機材商業連合会の会長小泉久則氏が「我々は水を届けるインフラを担っているので、皆さんは誇りをもってやって頂きたい」と発声、乾杯した。

和やかに歓談が行われた後、管材屋の常務取締役岡田太陽氏の音頭で三本で締めた。
鳥塚亮氏 講演会
懇親会の理事長松本充弘氏 積水化学工業ライフラインカンパニー
東日本支社設備営業部の吉川弘樹部長
全国管工機材商業連合会の会長小泉久則氏 全国管工機材商業連合会の会長小泉久則氏が乾杯
管材屋の常務取締役岡田太陽氏 管材屋の常務取締役岡田太陽氏の音頭で三本で締めた

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。