商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2018.6.18(月)

川崎重工業
双腕スカラロボット発売

川崎重工業(東京本社港区海岸、社長金花芳則氏)は、人との作業が可能な双腕スカラロボット「duAro1」に続き「duAro2」を新規ラインナップ、6月から発売した。

「duAro2」の最大の特長は、「duAro1」が持っている水平方向に動作するシンプルな動きの水平多関節ロボットを双腕にし、さらにダイレクトティーチ機能を搭載することで教示が簡単で実用性が高いというポイントを継承した上で、可搬質量を片腕3kg(双腕6kg)に上げ、上下方向(Z軸)の最大ストロークを550mmに広げたこと。

これにより、深さのある段ボールへの箱詰め作業や段差のある工程間の製品移動など適用範囲が大幅に広がり、多様な業界のフレキシブルな生産ラインの構築に貢献する。

オプションでアーム本体とコントローラを分離することができる。コントローラのスリム化に加えレイアウトの自由度を向上させたことにより、ユーザーの装置への組み込みなど、現場の状況により適した形で導入がででる。

また、従来通り、安全を担保するための様々な機能や柔らかな表面素材の採用などで、人との共存作業が可能になっている。衝突認知機能の搭載や、腕の部分をクッションで覆うなどの対策を施し、人と同じ場所で作業をする上で必要な安心・安全を確保している。

同社では、今後もduAroシリーズを強化することで、マーケットニーズによりきめ細かく対応してく方針。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。