商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.7.2(月)

OKK
プライベートショー東日本と中部・西日本で開催

OKK(社長宮島義嗣氏)は、自社最新機種や技術をPRするプライベートショーを開催する。7月12・13日は東日本として同社東京テクニカルセンター(さいたま市北区)で、7月26・27日は中部・西日本として同社猪名川製造所(兵庫県伊丹市)で行う。

予定される出展機種は、立形マシニングセンタ(MC)「VM43R」「VM53R」「VM660R」の高剛性“VM/Rシリーズ”の他、同じ立形MCの「VB53」、5軸制御立形MCの「VC‐X500」。これに東日本では立形MC「VM76R」と「VC51」が、中部・西日本では5軸制御立形MC「VC‐X350」と横形MC「MCH5000R」が展示される。さらに、東日本では岡本工作機械製作所の平面研削盤「PSG84SA1」が出展されるなど、中部・西日本を含めて工具や工作機器、ソフト関連のメーカーからの協賛出展もある。

また、IoT推進の観点から「Net Monitor 4・0」を参考出品し、見える化(モニタリング)と稼働率向上(保全管理)の機能をアピールする。この他、加工品質向上を促す環境熱変位補正・ソフトスケールCubeや対話形NC自動プログラミング・WinGMC8、高能率加工と切削付加監視の制御技術・ソフトACなどの最新技術も来場者に訴求する。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。