2017年12月6日号(水) 第1722号 月4回(第1〜4水曜日発行)
  • 今年度上期ポンプ受注持ち直す、1785億円、6.7%の増加
  • 今年度上期建設受注4.7%減と低迷、民間建築工事製造業などは好調
  • 第55回技能五輪全国大会、配管職金賞に天海氏
  • JFE継手、配管用継手など値上げ、来年2月から10〜20%以上
○…次代を担う若人が腕を競う技能五輪の今年の全国大会(第55回・栃木県)で、配管職種は地元の選手が優勝(金賞)を果たした。健闘に祝意を表したい。金賞、銀・銅賞各3名、敢闘賞8名の入賞者15名のうち栃木3名、茨城4名、群馬1名と北関東3県の選手が過半数を占めた。過去5年を振り返れば東海・北陸から東の〈東日本〉勢の活躍が目立つ。入賞者は今回55回が15名中13名、54回が16名中12名、53回が15名中10名、52回が14名中9名、51回が14名中11名と、7割以上が〈東日本〉勢だ。
○…近畿以西の選手の入賞者が少ないのはどうしてか。開催地が関東・東海に偏っているのがその要因とみる。これまで近畿以西で開催されたのは島根、山口、香川、熊本の4県だけ。過去5回の近畿以西の入賞者19名のうち、山口・島根・香川3県の入賞者は17名を数える。大会を開催することで技能に対する認識が向上し、取り組みにも熱が入るのだろう。次回開催地は沖縄、次々回は愛知に決定しているが、〈地方活性化〉が命題の今、各地から招致の声が上がるのを期待する。
  • テクノテック 水漏れセンサ
    日本金属継手協会、東京と大阪で技術セミナー、ハウジング形管継手などテーマに講義
  • 東京管工機材商業協同組合、中堅社員研修会開く
  • テクノテック、「水漏れセンサ」リニューアル、防災需要に対応
  • 平田バルブ工業、新潟事業場に工場増設
  • ノーリツ、ハイブリッド給湯・暖房システム、環境大臣表彰を受賞
  • 8月の建機出荷25%増、ミニショベルは16%増
  • 7〜9月分の建築確認申請件数4.1%減、2四半期連続減少
  • 9月の建設労働需給、配管工は1.7%の不足
   <ポンプ業界動向>
  • 景況感まだら模様続く、品種、需要層で格差、インフラ向け伸長
   <ニーズに応えるポンプ製品>
   <ニーズに応えるポンプ製品>
  • タカラ通商
    タカラ走ろう会 マラソン参加
    鶴見製作所、畜産設備向け高圧洗浄機発売
  • 東日製作所、全自動エアトルクAP2シリーズ拡販中
  • 大阪管工機材商業協同組合、親睦ボウリング大会に112人参加
  • 大阪管工機材商業協同組合、「管機会」がゴルフコンペ
  • タカラ通商「タカラ走ろう会」、六甲シティマラソンに参加
   <決算>
  • ヨシタケ 第2回ワイズ会
    ヨシタケ、第2回ワイズ会開催、パッケージ製品提案など推進
   <決算>