2018年4月12日(木) 第3262号 週刊(毎週木曜日発行)
 ★ インターモールド 特集 ★
  • インターモールド/金型展/金属プレス加工技術展2018
    ・18日から4日間、インテックス大阪で開催
    ・378社・団体が881小間に出展
  • 開催に当たって 牧野俊清・日本金型工業会会長 「新たな“つながり”発見」
▼2年ぶりに大阪で開催される「インターモールド」のひとつの目玉が最終日(21日)の金型シンポジウム。パネラーには日本金型工業会西部支部と金型協会という関西の金型団体の両リーダーも顔を連ね、業界の現状と今後について意見を述べ合う。
▼もともと西部支部の会員であった約半数が離脱し、2011年に組織したのが金型協会。あれから7年が経ち、それぞれのリーダーも代替わりしており、とりまく状況も変化した。両団体は昨年あたりから共同事業やゴルフコンペなどを通じ、交流を深めている。
▼「私が会長を務める間に再びもとの形にしたい」―12年から同工業会を率いる牧野俊清会長は就任当初からそう言っていた。一度こじれた関係を修復するのは、複数の会員を擁する団体ではなおさら容易ではないが、今回のシンポジウムでまた、あゆみを一歩進めることになるだろう。
   < インタビュー >
  • ヤマハ発動機 山田勝基氏
    ヤマハ発動機 山田勝基・ロボティクス事業部FA統括営業部長 「搬送ロボット『LCM-X』でワンランク上の自動化を提案」
   < インターモールド2018 出展製品 >
   < 機構改革・人事異動 >
  • 電気機器生産は堅調見通し
  • 福島をロボットの一大開発拠点に。「ロボットテストフィールド」4月から順次開所
  • 愛機工野球大会 ユアサ商事とナカガワが優勝
  • 産業洗浄協議会 4/26に中級講座
   < インタビュー >
  • 東陽 羽賀社長
    東陽 羽賀象二郎社長 「自動化・無人化ニーズに最適提案で対応」
  • 日本レヂポン 「レヂポン水魚会」関西支部研修会開く
  • THK インドにLMガイド新工場を建設
  • 三共精機 第31回モデルフォレスト活動
  • トラスコ中山 TV番組「知られざるガリバー」4月からリニューアル
  • 南出キカイ 東大阪営業所開設
  • 電気正業機器 出荷見通し 7600億円、2%増加
  • 機械工具生産(2月) 11か月連続増
   < 入社式 >
  • 中部超鋼会 アマダ土岐事業所と全自動「T876工場」見学
  • 東日製作所 トルク機器総合製品案内 配布
   < 新製品・新商品 >